高温多湿の気候

なぜなら温度を加えながらでないと空気は上昇しないからで、屋根裏のダンパーから入った冷気なら、簡単に下降させることができるのではないか。高温多湿の気候で、このような工法を採用することには問題が多いように思う。更に、建物の密集している地域や、コンクリートやアスファルトで顕われた都市部などでは、ヒートァィランド現象によって、夜間の気温そのものが低下しにくい条件になっている。放射冷却の代表的なものとしては、砂漠地帯における日中と夜間の温度差であり、そのような地域でよく見られる、窓を少なくした日干しレンガの家は、理に適った造りである。我が国の代表的な蔵もこれに似た造りであるが、温度差を利用した空気の移動だけで、これらに近づけようとする工法には無理がある。冬期間に、上下のダンパーを閉めて、インナーサーキット内に空気を密封することは、空気の熱伝導率を利用する魔法瓶的な考え方で保温性は確かである。これは特別なことではなく、高気密・高断熱の基本である。「北側」と「水回り」は気を付けましょう。←参考にここのサイトからいろいろな間取りを見てみましょう。冷気の取り入れには朝晩にダンパーの開け閉めを行なうことになるが、毎日のこととなると容易なことではない。動作そのものは簡単でも、各家庭での生活スタイルが多様化し、共働きの場合や、変則勤務、残業、長期の外出などさまざまで、結局は面倒臭くなって放置されたままになりがちである。

EZ171_L