生活スタイルが大きく変化

生活スタイルが大きく変化してしまった中で、冬期、夏期のいずれか一方に片寄った住宅造りは、快適性に欠けると同時に、省エネルギーによる温暖化防止には役立たない。一般に高気密・高断熱住宅は、「冬暖かく、夏涼しい」と言われているが、だからと言って冬に暖房なしで過ごせる住宅ではない。これまでの住宅では、暖房を止めてから一時間後に温度を測定すると一二度下がるが、高気密・高断熱住宅では六度の低下に留まる。このことから冷めにくい住宅と表現するのが正しい。逆に冷めにくいことが原因で、夏期には室温が上昇して、かなりの蒸し暑さを感じるようにもなる。業者が所有している資格よりも重要なのは実績でしょう。←こちらから業者選定への情報収集を始めましょう。計画換気によって、新鮮な外気を取り入れ、室内の空気を排出しても、外気そのものが高温多湿であれば、なんの役にも立たない。断熱材メーカーの集まりである外断熱協議会に、夏期対策について問い合わせたところ、エアコンは必須条件との回答が返ってきた。大型エアコンを二階の階段の天井に設置して、ドアを開放し、全ての室内の温度差をなくす方法を提案されたが、一般には暖房時と同じように使っていない部屋まで冷房する無駄を考えて、何台ものエアコンを各部屋に設置している例が多く見られる。結露は暖房を必要とする冬期間に発生すると考えられがちだが、エアコンの普及によって、夏期においても逆結露が発生する。

EZ147_L