庇のない家

エアコンで冷やされた室内の冷たい空気と、外気の暖められた空気の温度差によって起こるもので、壁の内部に結露が発生し、通気性がないため、内部の温度は飽和水蒸気量より多くなり、水滴となって建材を腐らせる。また、冷めにくいということは、逆に暖まりにくいのであって、涼しくなることを意味するわけではない。真夏の灼熱の太陽によって、窯業系やセメント系の外壁材は暖められ、蓄熱される。この蓄えられた熱の放射により、断熱材に含まれている空気の温度が上昇する。一旦上昇した空気の温度は冷めにくく、室内側はこの熱輻射によって暖められ、蒸風呂状態となる。この場合、夏の強い太陽熱を遮蔽(しゃへい) する方法をとらないと最悪の状態となることもある。真夏の太陽の下でも、木陰に入ると涼しく感じたり、森の中では涼しい風を感じるのは、日が陰っている部分との温度差が生じるためで、この温度差によって気流が発生するからである。最近、庇(ひさし) のない家や、庇の短い家が増えている。庇は建物を風雨や雪害から守る働きと、家の周りに気流を発生させ、涼しさをもたらす働きがある。有った方が良い設備やしっかり固定したり守ったりしなければならない設備もある。←いろいろな設備はこちらのサイトから確認してください。お寺や神社では庇が長く、誰しもが涼しく感じるのはこのためである。先人は優れた知恵を残してくれたが、現代の建築はこの知恵を無視したものとなっている。高気密・高断熱住宅では、南側や西側からの太陽熱を遮る工夫が大切で、逆に冬期には、太陽熱が部屋の中まで差し込むように設計されなければならない。

EZ136_L