住宅業者の営業ツール

遮蔽は、ブラインドなどで内側からするのでは効果が少ない。太陽光線は、光と同時に熱を含んでいる。アスファルト道路が真夏の太陽光線を受けて、裸足で歩けないような高温になるのは、太陽熱による放射である。外壁も、灼熱の放射を受けて高温となり、釘(くぎ) や金物の熱伝導により室内側に伝えられ室温を高めることになる。施工業者の最も誤った考え方は、断熱材は全く熱を通さないと思っていることで、このことが高気密・高断熱住宅は夏涼しいという思い込みの原因になっている。確かに、これまでの住宅と比べてエアコンを使った場合、熱損失が少ない分、エネルギーの消費は少なくなっているかもしれない。夏期のエアコンの使用を、できるだけ減らすことが次世代省エネルギー基準の目指すところである。エアコン使用によるフロン及び代替ガスの増加は、オゾン密度の低下を招き、その結果、大気の温度コントロールが失なわれ、生物に有害な宇宙線の増加へとつながる。即ち、有害な紫外線が地上に達してガンの発生頻度を高め、生態系に大きな打鑿を与えることになる。災害の備えに地下室はお勧め!家 高く売る ←地下室を含めた不動産情報はこちらから。今日の高気密・高断熱住宅は、本来の目的を失ない、営業ツールとしての役割しか果たしていないことに私は怒りを覚える。住宅産業は、言葉を換えれば騙し合いの産業である。客は、輻されたことに気づかないし、業者側は、編したことになんの罪悪感もない。輻されたと思って、折込広告やカタログを隅々まで読んで、施工業者やハウスメーカーの担当者に質問してみてほしい。各社さまざまな説明があるはずだ。その結果、何が真実かわからなくなるはすだ。一生に一度、何千万円もの借金を背負うことになる住宅についてこそ、真実を求めた話し合いが最も重要なのである。

EZ149_L

庇のない家

エアコンで冷やされた室内の冷たい空気と、外気の暖められた空気の温度差によって起こるもので、壁の内部に結露が発生し、通気性がないため、内部の温度は飽和水蒸気量より多くなり、水滴となって建材を腐らせる。また、冷めにくいということは、逆に暖まりにくいのであって、涼しくなることを意味するわけではない。真夏の灼熱の太陽によって、窯業系やセメント系の外壁材は暖められ、蓄熱される。この蓄えられた熱の放射により、断熱材に含まれている空気の温度が上昇する。一旦上昇した空気の温度は冷めにくく、室内側はこの熱輻射によって暖められ、蒸風呂状態となる。この場合、夏の強い太陽熱を遮蔽(しゃへい) する方法をとらないと最悪の状態となることもある。真夏の太陽の下でも、木陰に入ると涼しく感じたり、森の中では涼しい風を感じるのは、日が陰っている部分との温度差が生じるためで、この温度差によって気流が発生するからである。最近、庇(ひさし) のない家や、庇の短い家が増えている。庇は建物を風雨や雪害から守る働きと、家の周りに気流を発生させ、涼しさをもたらす働きがある。有った方が良い設備やしっかり固定したり守ったりしなければならない設備もある。←いろいろな設備はこちらのサイトから確認してください。お寺や神社では庇が長く、誰しもが涼しく感じるのはこのためである。先人は優れた知恵を残してくれたが、現代の建築はこの知恵を無視したものとなっている。高気密・高断熱住宅では、南側や西側からの太陽熱を遮る工夫が大切で、逆に冬期には、太陽熱が部屋の中まで差し込むように設計されなければならない。

EZ136_L

生活スタイルが大きく変化

生活スタイルが大きく変化してしまった中で、冬期、夏期のいずれか一方に片寄った住宅造りは、快適性に欠けると同時に、省エネルギーによる温暖化防止には役立たない。一般に高気密・高断熱住宅は、「冬暖かく、夏涼しい」と言われているが、だからと言って冬に暖房なしで過ごせる住宅ではない。これまでの住宅では、暖房を止めてから一時間後に温度を測定すると一二度下がるが、高気密・高断熱住宅では六度の低下に留まる。このことから冷めにくい住宅と表現するのが正しい。逆に冷めにくいことが原因で、夏期には室温が上昇して、かなりの蒸し暑さを感じるようにもなる。業者が所有している資格よりも重要なのは実績でしょう。←こちらから業者選定への情報収集を始めましょう。計画換気によって、新鮮な外気を取り入れ、室内の空気を排出しても、外気そのものが高温多湿であれば、なんの役にも立たない。断熱材メーカーの集まりである外断熱協議会に、夏期対策について問い合わせたところ、エアコンは必須条件との回答が返ってきた。大型エアコンを二階の階段の天井に設置して、ドアを開放し、全ての室内の温度差をなくす方法を提案されたが、一般には暖房時と同じように使っていない部屋まで冷房する無駄を考えて、何台ものエアコンを各部屋に設置している例が多く見られる。結露は暖房を必要とする冬期間に発生すると考えられがちだが、エアコンの普及によって、夏期においても逆結露が発生する。

EZ147_L

家づくりに携わる者

氏は「家造りに携わる者は、その能力と感性を、家を高性能化するために使わなければ駄目だ。そのために、断熱、気密、換気、冷暖房について勉強し、経験を積まなければならない」とも指摘している。高性能化という意味は、抽象的で理解できないが、家という器には、そこで生活する人にとって、快適であること、病気にならないための予防ができること、家族の絆が保たれることなどの住環境が維持されることが条件として求められなければならないと主張したい。すべき手続きはしっかり行いましょう。←ここのサイトから不動産のリフォームなどに関する知識を得ましょう。そのためには、環境、物理、化学、生物、医学に対する強い関心の持てない人は、家造りに携わるべきでないと考える。施主側も、施工業者と喧喧誇誇議論する覚悟がないと、後悔が残る生活が始まることになる。確かに、冬の室内での快適温度を二○度とすると、外気温との温度差は一三.三○度以上もある。これに比べて夏の快適温度を二六度とすれば外気温との差は、四度から一○度と少ない。しかし夏期の空気温度は、空気中に水蒸気が多く含まれているため、不快指数が高くなって我慢の限界を超える。同じ温度でも、風がある場合には、涼しく感じたり、暖かく感じたりした体験は誰しもあるだろう。人によって違う体感温度は、風、つまり気流によるところが大きい。従って昔の人が、夏を中心とした住宅を造ったのは、不快感から解放されるために気流の力を利用したということなのである。

EZ155_L

築年数の経過した住宅

現在の官僚的な考え方に近く、鐘淵化学工業の考案した工法に陶酔しきった主張としか思えない。全国の建築業者の中には、建材メーカーの諸売りではなく、地域密着で研究開発に取り組んでいる業者もいる。高気密・高断熱住宅は、施工さえきちんとできれば、省エネルギーになることは当然であり、省エネルギー基準が改正されたのも、少ないエネルギーで快適な住環境をめざし、資産価値を高める住宅造りにあることを忘れてはならない。土地が値下がりしていると言っても、地方でも広い敷地を求める人は少なくなっている。ところで、不動産に関するあらゆる情報は、←こちらから収集できます。首都圏では、更に狭い宅地に建てられることを考えれば、隣家との間に余裕などとれるはずがない。築年数の経過した住宅で生活している人にとって、白蟻の被害は深刻な問題であり、簡単に建て替えるということができないのが現実である。近所で白蟻駆除を行なった場合に、ダンパーを開放すれば、空気中の水蒸気に溶けた駆除剤が床下に侵入することが心配される。現実に、この工法ではないが、従来の通気口を設けてある住宅の間で、被害が出て裁判になった例があった。新築して、快適な生活を楽しんでいる最中に、突然襲ってきた薬害に苦しみ、更に隣近所と争うことで、肉体的にも精神的にも大きな負担を背負い込むことになる。隣り近所との円滑なつき合いを考えたとき、予想される問題について施主自身が、あらかじめ対処しておくことは重要なことで、施工者においても配慮が必要である。

EZ190_L

家の中の有害物質

松井修三氏は、閉じる.開くの簡単な動作だけで、理に適った蓄冷や保冷に成功し、省エネルギーで感動的な涼しさを毎日味わうことができるようになると主張しておられるが、あまりにも短絡的で、データに裏打ちされたものが見えてこない。更に「ダイオキシンが原因で死んだ人は一人もいない。(家の)性能に問題があって死ぬ人は、毎年千人をはるかに超えている。家の中には塩ビ製品よりはるかに有害で恐いものがたくさんある」と主張し、他方では「カビ・ダニが原因でアレルギーを起こし、健康障害に苦しんでいる人は無数にいる」とも指摘している。昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、←こちらのサイトからたくさん見られます。これらの主張には納得がいかない。寧ろ憤りさえ感じる。水俣病や神通川のイタイイタイ病を代表とする公害病は、全て化学物質によって発症したものであり、これらの化学物質によって即死状態に至ったわけではない。長い間、食物を通して体内に蓄積され発症したものである。患者の方にとっての苦しみは即死以上のもので、カビやダニによるアレルギー症のみが健康障害だとする考え方、更には、リサイクル、ダイオキシンやホルモンかく乱物質対策などの運動に傾注して、現実の家造りを疎かにしてはならない、と主張している氏の考え方には、恐ろしさを感じる。仮に、ソーラーサーキットがダニやカビをなくした住宅であったとしても、ほかにも、これらを解消した住宅は数多く存在する中で、鬼の首をとったような表現は許しがたい。

EZ200_L

高温多湿の気候

なぜなら温度を加えながらでないと空気は上昇しないからで、屋根裏のダンパーから入った冷気なら、簡単に下降させることができるのではないか。高温多湿の気候で、このような工法を採用することには問題が多いように思う。更に、建物の密集している地域や、コンクリートやアスファルトで顕われた都市部などでは、ヒートァィランド現象によって、夜間の気温そのものが低下しにくい条件になっている。放射冷却の代表的なものとしては、砂漠地帯における日中と夜間の温度差であり、そのような地域でよく見られる、窓を少なくした日干しレンガの家は、理に適った造りである。我が国の代表的な蔵もこれに似た造りであるが、温度差を利用した空気の移動だけで、これらに近づけようとする工法には無理がある。冬期間に、上下のダンパーを閉めて、インナーサーキット内に空気を密封することは、空気の熱伝導率を利用する魔法瓶的な考え方で保温性は確かである。これは特別なことではなく、高気密・高断熱の基本である。「北側」と「水回り」は気を付けましょう。←参考にここのサイトからいろいろな間取りを見てみましょう。冷気の取り入れには朝晩にダンパーの開け閉めを行なうことになるが、毎日のこととなると容易なことではない。動作そのものは簡単でも、各家庭での生活スタイルが多様化し、共働きの場合や、変則勤務、残業、長期の外出などさまざまで、結局は面倒臭くなって放置されたままになりがちである。

EZ171_L

家づくりの工法

この工法では、従来の通気口の部分に扉(ダンパー)を設置し、開閉ができるようにした。同様に屋根裏の棟の部分にも扉(ダンパー)を設置している。上下のダンパーの働きは、簡単に言えば給気と排気のようなもので、空気は温度差によって移動するから、外気は開放されたダンパーから床下に向かって移動する。火事にも備えましょう。←こちらでのサイトではいろいろな住宅情報を取り揃えております。このとき、水蒸気も床下に侵入する。温度の高い方から低い方に流れるのが気流であり、風として感じているものである。空気中には必ず水蒸気が含まれているもので、空気と同様に高い方から低い方に流れる。これにより結露が起こる。結露は冬期のみに起こる現象ではなく、梅雨時の蒸し暑いときなどに、コンクリートの床が水を撒いたように濡れるのは、結露によるものである。土間コンクリートの下には防湿シートがあるため、土湿の発生はないが、コンクリートの表面温度二○度のとき、外気温が二五度で湿度九○%の条件で、ダンパーを開放すると、床下の土間コンクリートの表面に結露が発生する。鐘淵化学工業のカタログには「この工法の断熱材であるカネライトフォームは独立気泡であるため、水分や湿気の侵入を防ぐ」とある。断熱材が水分を含んで保温性を低下させることはないが、土台、柱などの木部、壁材の石膏ボードなどへの着湿を防ぐことができないことの方が問題だ。床下のダンパーから、涼しい外気や放射冷却による冷気を取り入れ、屋根裏のダンパーから排出させると言うが、これを、ゆるやかな上昇気流と表現している点に疑問が残る。

EZ115_L

家造り

この工法の根本の発想はいたって単純で、すなわち病気の発症には必ず原因となる物質が存在するのだから、その原因物質を使わない家造りをするということである。それには、昔の家造りに学ぶべきことがたくさんある。生物は必ず自然に帰るものであるから、自然に帰らないものを極力使わないように心掛けることが基本になる。このためには、人工的につくられたものを尊ぶ考え方、例えば、鉄は木より強いとか、アルミは腐らないとか、塩ビクロスはきれいで手頃な壁材だというような既成概念を捨てることから取り組まなければならない。更に、この工法にとって最も重要な要素は、我々の生活において、なくてはならないものから排出される物質のリサイクルによって、住環境の改善をうながすことである。価格のみにこだわった家造りより、体に負担のかからない家造りを目指した工法だということである。従って、これは公的機関の認可を受けたものでもないし、また、受けようとする考えもない。あくまでも、考案した工務店の姿勢が工法となって表現されたものであることを付け加えておく。箪笥などは危ないとされておりますが、上手に固定すれば逆に家の強度が増し、重要な役割を果たします。←その他役立つ情報はこちらから。基礎部分には、土台や柱の腐朽を防ぐため、通気口を設けて空気の流れを確保するようになっている。数ヶ所の通気口でも充分な空気の流れを確保できず腐朽を招くこともある。このため、強制的に流れを確保するための、床下換気扇が設置されることが多くなった。

EZ119_L

自然環境の循環

自然環境の循環を考えるこれまでの社会では、電器産業におけるテレビ生産を例に挙げると、画面がより鮮明であること、さまざまな機能が付いていること、操作が簡単で軽量であることなどテレビが本来持つ機能についてのみ、各社は凌ぎを削ってきた。これに加えて価格が安ければ消費者に歓迎された。自動車の場合も同様で、より豪華で、本来の目的以上の機能を備えることに技術を競ってきた。これによって大量生産による大量消費が美徳とされてきた。業者が所有している資格よりも重要なのは実績でしょう。←こちらから業者選定への情報収集を始めましょう。しかし、今日では循環型社会の構築が求められ、使い終えた後の責任と、使うためのエネルギー負荷の軽減、生産過程での環境汚染防止等々における役割を担うことが求められている。従って、建築業界においても、環境、廃棄物、温暖化、健康、温熱、少子高齢、介護などに対する役割を担うことを忘れてはならない。これまでのような工法の認定では、循環型社会の求める住環境の確立は望めない。「自然環境サイクルエ法」という耳なれない工法があるが、中身はいたって簡単である。どこにでもある身近な材料を使って住宅を建てようとする考え方である。荒れ放題になっている近くの山の木を使い、これに命を与えようとするやり方で、工法とは言えないのかもしれない。各地で地元の木を使った家造り運動が活発になってきているが、この運動と同じで、身近な山林の活性化が、そこで生活する人の健康をうながすという考え方である。

EZ098_L